皮下脂肪と内臓脂肪の見た目はどう違うの?

効果的なダイエットを行い、健康体になるためには、
皮下脂肪と内臓脂肪の違いについて知っておくことが
必要です。

なぜなら、皮下脂肪と内臓脂肪は、それぞれに違った
特徴があって、減らし方も違うからです。

では、皮下脂肪と内臓脂肪、見た目から異なる部分って
あるのでしょうか?

見た目から、どちらの脂肪か?判断できるのでしょうか?

この記事では、そうして点について調べ、まとめました。

皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知り、効果的に落としたい!
と思われている方は、ぜひご覧いただき、参考に
していただければと思います。

■皮下脂肪と内臓脂肪、見た目でどう違うの?

□皮下脂肪

皮下脂肪は、皮膚の下に付く中性脂肪のことです。

皮膚のすぐ下につくので、見た目に分かりやすく、
触るとプヨプヨしてます。

見た目には太っているのですが、生活習慣病などを引き起こす
原因となることはほとんどありません。

□内臓脂肪

内臓脂肪は、内臓の周辺に付くお腹の脂肪を落とす薬のことです。

隠れ肥満と呼ばれる人に多いのが、この内臓脂肪が
たくさんついたタイプで、見た目には分かりづらい
というのが特徴です。

見た目には、結構スリムで健康的、生活習慣病に
かかるような感じがしないような体型の方でも、
実は内臓脂肪はたくさんついていて、実は、肥満気味
という場合もあるんです。

■見た目で識別できる?

お腹がぽっこり出ている場合、皮下脂肪か内臓脂肪なのか?
分かりづらいこともありますよね。

その場合、見た目で識別できるのでしょうか?

皮下脂肪と内臓脂肪を識別するには、触ったり、
内臓脂肪レベルを測るのが一番正確な方法ですが、
見た目でも、いくつか特徴があるので参考にできます。

内臓脂肪が多く付いているお腹は、パンパンに
張っているという特徴があります。まるで、空気が
いっぱい入ったバルーンみたいに、はじける感じです。

逆に、たるんで、ほっこりしているお腹は、皮下脂肪が
たくさんついた肥満だと言えるでしょう。

■要約

皮下脂肪は、皮膚のすぐ下につく脂肪なので、見た目に
分かりやすく、触るとプヨプヨしていて、たるんでいる
というのが特徴です。

一方、内臓脂肪の方は、皮膚の下ではなくて、内臓の
周りにつく脂肪なので、見た目では分かりにくく、
やせている人でも実は肥満気味ということもあります。

内臓脂肪は、見た目ではたるんだお腹ではなく、
パンパンに膨らんだバルーンみたいなお腹というのが
特徴です。

皮下脂肪と内臓脂肪は、見た目で区別するのは結構
難しく、実際測ったり触ってみないと、正確には判断できない
ことも多いでしょう。

でも、皮下脂肪と内臓脂肪の違いについて知っておくことは、
効率的なダイエットを行う上でも大切なことなので、
どちらの脂肪なのか、目安にしてみて下さい。

皮下脂肪と内臓脂肪の重要性がNHKで取り上げられました!

皮下脂肪と内臓脂肪は、どちらも中性脂肪で、皮膚の下に
つくのか、内臓の周りにつくかで呼びわけられます。

中性脂肪は、生活習慣病のリスクを高めたり、肥満を
引き起こすので、ないほうが良いというイメージしか
ないという方も多いでしょう。

でも、最近、NHKの某番組で、皮下脂肪と内臓脂肪には
それぞれ役割があって、人間の体に必要なものだと
説明されていて、話題になっているのです。

NHKで説明された皮下脂肪と内臓脂肪を減らす薬
の定義は何なんでしょうか?

この記事では、こうした点について調べ、まとめました。

NHKの番組を見損ねてしまった!という方は、ぜひ
ご覧いただき、参考にしていただければと思います。

■NHKで紹介された皮下脂肪と内臓脂肪

□皮下脂肪と内臓脂肪の正体について

皮下脂肪や内臓脂肪と聞くと、お腹がぽっこり出ていたり、
内臓の周りにくっついた脂肪を連想しますが、そもそも、
皮下脂肪と内臓脂肪の正体って何なんでしょうか?

皮下脂肪や内臓脂肪は、脂肪組織になります。

脂肪組織は、脂肪細胞が集まってできたものです。

脂肪細胞は、細胞の中に、脂肪を蓄える事ができ、
体のエネルギー源として使用するために存在する
ものです。

なので、皮下脂肪や内臓脂肪を作る脂肪細胞がなければ、
体にエネルギー源を蓄えることができなくなるのです。

□脂肪細胞がないと困る?

NHKの番組では、脂肪細胞が存在しない、脂肪委縮症という
病気が取りあげられました。

この病気の人は、遺伝的に脂肪細胞を持たないため、
脂肪組織も作られず、内臓脂肪も皮下脂肪もつくことが
ないのです。

そう聞くと、なんて羨ましいんだ!って思われるかも
しれませんが、実は、脂肪細胞を持たないということは、
いくら食べても食欲がおさまることがなく、体が耐えられ
なくなって、病気になりやすいという難病なんです。

たくさん食事をして、エネルギーを十分摂取していても、
脳がそう認識できないため、食欲をコントロールできない
のです。

脂肪細胞は、エネルギーが体内に十分取り入れられた
というサインになるレプチンという物質を放出する
働きを持つからです。

この病気の人は、脂肪細胞を持ちませんが、血糖値などは、
健康な人と同じく上がるので、本当に深刻な病気なんです。

■要約

皮下脂肪や内臓脂肪を構成する脂肪細胞は、体内にエネルギーを
蓄えて、センサーとしての役割を果たしています。

皮下脂肪や内臓脂肪、あると困ると思いがちですが、実は、
食欲をコントロールして、病気を防いでくれているんです。